相続後の不動産売買について考えてみよう!

家を相続するか売却するかどっちがいいの?

生前に不動産を現金化しておくと相続時分けやすいが相続税が割高になります

一度相続し、その相続した不動産をこの期間内に売却すれば、それによって発生する譲渡所得税を節税できるため、メリットは大きいと考えられます。

 

家を相続しそこに住むとリフォーム代や固定資産税がかかる可能性があります

自然災害への耐久性、設備の古さの問題を考えると、大規模なリフォームを行う必要が考えられ、固定資産税の負担を続けて行く必要もあるでしょう。

 

家を相続してから売却すると「相続税の取得費加算」制度が利用可能で節税できます

相続前に売却したり、相続後にその物件に住むのではなく、「相続税の取得費加算」の制度を活用して、相続してから売却する方法が現実的な選択だと考えられます。

 

家を相続するか、相続前に売却するか、悩むテーマです。遺産に不動産があると、遺産分割協議などで兄弟間で争いごとが生じやすい傾向にあります。

 

確かに、そうした事態を避けるために、生前に不動産を売却して現金化しておき、将来相続が生じた時に分けやすいようにしておくという方法もあります。しかしながら、事前に売却せずに相続してから売却することにもメリットがあります。

 

相続税の申告期限となっている相続開始から10ヶ月後の翌日から3年以内にその不動産を売却した場合、譲渡所得の計算において、支払った相続税のうち、その不動産にかかる部分の相続税を取得費として加算できるという、相続税の取得費加算と呼ばれる特例制度があるのです。

 

この制度があるため、一度相続し、その相続した不動産をこの期間内に売却すれば、それによって発生する譲渡所得税を節税できるため、メリットは大きいと考えられます。

 

もし、空き家にはせず相続した後にその家に住むとなりますと、家の老朽化がそれなりに進んでいると思われますので、自然災害への耐久性、設備の古さの問題を考えると、大規模なリフォームを行う必要が考えられ、固定資産税の負担を続けて行く必要もあるでしょう。

 

こうした事柄を総合的に考えますと、相続前に売却したり、相続後にその物件に住むのではなく、「相続税の取得費加算」の制度を活用して、相続してから売却する方法が現実的な選択だと考えられます。

 

不動産売却の手順と事前に準備すること

では、不動産売却までに、どんな手順を踏めば良いのでしょうか。家を売るまでの流れはそれほど複雑ではありません。まずは幾つかの不動産会社を見つけて査定を依頼してみましょう。

 

それから、不動産会社が提示した査定後の価格や、自分なりに情報を収集し考えていた価格なども参考にしながら、仲介をお願いする信頼できる不動産会社を選び、媒介契約を結びます。

 

その後売り出し価格を決めて物件を売りに出しましょう。購入希望者が現れ、話がまとまれば、売買契約を結ぶことができます。

 

引渡し日を決めることができなら、引渡しの準備をしましょう。もしあれば、ローンの解約や抵当権の抹消などの手続きをする必要もあります。そして、いよいよ物件を引き渡す時となります。

 

買い主立ち会いのもと物件の状況の最終確認がなされ、引渡しということになります。引渡しがなされた後は、税務申告の手続きを行うことにも留意しておきましょう。

 

続いて、不動産売却のために、どんな書類を事前に準備しておくと便利なのでしょうか。

 

該当する不動産が土地であっても、戸建であってもマンションであっても共通して必要な書類があります。

 

それは、登記簿謄本(登記事項証明書)、登記済権利証・登記識別情報、固定資産税納税通知書・課税明細書、本人確認書、実印・印鑑登録証明書、付帯設備および物件状況確認書です。

 

他にも、戸建てであれば、建築確認済証・検査済証であったり、マンションであれば、管理規約・使用細則などなど、別途必要になるものもありますので、それらも整うようにしたいと思います。

 

相続税のお話と不動産売却のメリット

相続税の課税についてですが、現金よりも不動産の方が有利であると言えます。先に述べた、「相続税の取得費加算」の制度を活用することができます。

 

そして、相続税の課税の対象ですが、不動産の場合には時価ではなく、一戸建ての家など建物であれば固定資産税評価額によって、土地であれば路線価によって評価されることになります。

 

それで、課税の評価額が時価よりもかなり低くなることがあり、税金を大幅に節税できる場合があるのです。

 

一方、不動産を事前に売却しておいて現金に換えて相続する場合、まさに現金自体が課税評価額となりますので、相続税の額は「相続税の取得費加算」の制度を活用する場合に比べてかなりの割高ということになります。

 

こうして、不動産売却と相続税の関係について考えて行きますと、不動産については相続人が相続してから、相続税の申告期限から3年以内に不動産売却する方法を選択するなら、メリットは大きいと言えるでしょう。

 

不動産売却する時のポイント

亡くなった人の名義の状態での売却はできません

売却の際に亡くなった人の名義の状態では売却をすることができないという点に留意しておきましょう。

 

所有権移転登記が必要となります

法務局にある登記簿データを変更する手続き(相続登記手続き)を行うことになります。具体的には、所有権移転登記が必要となります。

 

信頼できる不動産会社に相談して任せるのが得策です

相続後の売買については、知識を持った、信頼できる不動産会社に相談して任せて行くのが安心です。

 

売却の際に亡くなった人の名義の状態では売却をすることができないという点に留意しておきましょう。

 

不動産の名義を亡くなった方から相続人に変えておく必要があります。そのためには、法務局にある登記簿データを変更する手続き(相続登記手続き)を行うことになります。具体的には、所有権移転登記が必要となります。

 

一般的に相続登記は義務ではなく期限もないのですが、不動産を他人に貸す場合、担保にして融資を受ける場合、そして売却をする場合には相続登記をする必要があるのです。

 

さらに、相続するものが不動産である場合、相続する人たちの間でトラブルが生じやすいので注意が必要です。

 

この点を考えると、相続後の売買については、知識を持った、信頼できる不動産会社に相談して任せて行くのが安心です。

 

 

相続前に売却したり、相続後にその物件に住むのではなく、「相続税の取得費加算」の制度を活用して、相続してから売却する方法が現実的な選択だと考えられます。

要点を紹介するキャラクター

 

おすすめの不動産売却サイトまとめ5選

画像名を入力

ノムコムの不動産無料査定の特徴

ノムコムとは、不動産会社の野村不動産が運営している不動産情報サイトのことで、2000年11月6日に設立された、野村不動産アーバンネット株式会社が運営しています。

約1分のカンタン入力で無料査定をしてくれて、マイホームの適正価格がわかります。


不動産売却についてわからない場合に、チャットで簡単に質問することができるようになっており、このサービスは24時間いつでも利用できます。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
ノムコムの不動産無料査定の総評
  • インターネット以外でも、内覧会や営業スタッフが購入希望者を探すなど、地域密着活動にも取り組んでいます/li>
  • 最大42枚の写真で、物件を最大限にアピールしてくれます
  • 不動産業界に通じた会社が運営していますので安心です
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

イエウールの特徴

イエウールとは、株式会社Speeeという会社が運営している、不動産一括査定が可能なサイトです。

イエウールのサービスは、全サービスを無料で利用することができます。




簡単に60秒で不動産の一括査定をすることも可能です。イエウールは、複数の不動産会社に一括して査定を依頼することができますし、悪徳業者を、イエウールの方で除いてくれるので安心です。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
イエウールの総評
  • 全サービスを無料で利用することができます
  • 簡単に60秒で不動産の一括査定が可能です
  • イエウールの方で悪徳業者を除いてくれています
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

マンションナビの特徴

マンションナビは、2011年に開業された、マンションリサーチ株式会社が運営会社となっています。

47都道府県の中古マンションの情報を網羅していて、マンションを選ぶと簡単に売却、賃貸について両面から自動査定をしてくれる便利なサイトです。


マンションナビに提携している会社は500以上にものぼります。その中には、例えば、三菱UFJ不動産販売、東急リバブル、三井のリハウス、野村の仲介+などの大手の不動産会社も参加しています。
査定依頼を出す前に、マンション名または住所、価格を知りたいマンションを入力するだけで、自分で物件の相場を確認することもできます。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
マンションナビの総評
  • 売却、賃貸について両面から自動査定をしてくれます
  • 提携している会社は500以上にものぼります
  • 年間利用者数は360万人以上となっています
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

タウンライフ不動産の特徴

タウンライフ不動産売買は売却査定だけでなく、住み替え希望の物件情報を届けてくれます。

自分がどんな家の住み替えを希望しているのか60秒入力するだけで、査定書と希望物件情報が届きます。


加盟している不動産会社は300社以上で、査定業者や住み替え物件情報を提供する会社は、どれも厳正な審査を通過した優良業者ですから安心して利用することができます。さらに、タウンライフ不動産売買を利用するならば、不動産売却に関する悩みを気軽に相談できますので、安心です。

総合評価 評価3.5
使いやすさ 評価3.5
掲載情報量 評価3.5
タウンライフ不動産の総評
  • 居住用不動産査定だけでなく、ビル・店舗・農地の査定にも対応しています
  • 地方も含め、47都道府県に対応しています
  • 成約が決まるまでサポートしてくれます
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

任意売却相談センターの特徴

任意売却相談センターでは、実績あるスペシャリストが相談者に合った解決方法を教えてくれます。

住宅ローン返済や、空き家で困っている人の全国相談窓口があります。任意売却に関する相談数は毎年増え続けていますが、任意売却相談センターでは、全国無料対応しています。


相談内容は秘密厳守になっているので、家族や近所に知られることはありません。
また、相談料や依頼料は費用がかからないため、納得いくまで何度でも相談することが可能です。さらに、任意売却後もサポートしてくれます。

総合評価 評価3
使いやすさ 評価3
掲載情報量 評価3
任意売却相談センターの総評
  • 24時間相談料が無料で相談できます
  • 無料で弁護士や税理士など専門家に相談できます
  • アフターフォローもしっかりしています
詳細レビューへ公式サイトへ

 

一番おすすめなのは「ノムコムの不動産無料査定」

多くの不動産売買契約を成立させてきた実績ある会社
無料査定の利用も簡単
「簡易査定」か「訪問査定」かを選ぶことができる

ノムコムを運営している野村不動産アーバンネット株式会社は、これまで多くの不動産売買契約を成立させてきた実績ある会社です。

 

他の不動産会社では売却が難しい不動産についても、これまでのノウハウを活かして買い手を見つけてくれる可能性があります。無料査定の利用も簡単です。

 

まずは、不動産所在地情報を登録します。所在地の登録については、都道府県・市区町村を選択する方法と、郵便番号からエリアを選択する方法とがあります。

 

次に、ノムコムでは「簡易査定」か「訪問査定」かを選ぶことができるようになっています。簡易査定とは、依頼主からの情報を基にして現地を見ることなく行われる査定のことです。

 

現地を見ずに査定を行うため、実際の査定額とはずれることもありますが、大まかな査定額を早く知ることができます。

 

「訪問査定」とは、「詳細査定」とも呼ばれることがありますが、売主が立ち会って不動産会社の方が査定を行う方法です。精度は高いですが、時間がかかることに留意しておく必要があります。

 

査定方法を選んだら、あとは物件種別、物件所在地等、不動産情報を詳しく入力すれば、査定申し込みは終わりとなります。

 

 

 

クチコミ情報

体験談1

ノムコムの査定を利用された方から、遠隔地の土地であっても売却してくれたという、こんな体験談が寄せられています。

 


相続した土地の処分に悩んでいましたが、ノムコムではしっかり査定してくれたので助かりました。

 

正直買値はつかないと思っていましたが、予想外の高値で売ることができました。地元の不動産会社に相談しても、ここで売るのは難しいと断られていたので、さすが大手の不動産会社という感じでした。

 

地元の不動産でも難しいと判断されてしまったら、通常であれば、もう無理かなとがっかりしてしまうところです。その物件を予想外の高値で売ったとのことですから、お客様の満足度は相当高かったのではないでしょうか。

 

大手の不動産ならではの実力が伝わる体験談だと思います。

 

体験談2

自らの不動産売買について、大手の会社に依頼すると、小さな仕事に見られてしまい、冷たくされてしまうのではないかと心配されることがあるかもしれません。その点、ノムコムについてはこんな情報も寄せられています。

 


新興住宅の建売をノムコムで売却しました。売却理由は近所の子供の道路遊びと親達の井戸端会議。土日で晴れた日は、ウチの窓にドンッとボールが当たるなんて日常茶飯事です。

 

平日は仕事でヘトヘト、土日は外がうるさいからしっかり休めないし・・・。そんな中で売却活動をするのは正直、大変でした。

 

ですが、ノムコムの担当者さんは、毎回笑顔で元気よく対応してくれたので、とても気持ち良かったです

 

ノムコムの担当者のさわやかさが伝わってきます。冷たく、事務的にではなく、笑顔で丁寧にフォローしてくれる不動産会社に仕事を依頼すれば、この方のように忙しい生活の中でも安心して任せることができそうです。

 

この機会に、「ノムコムの不動産無料査定」の活用を検討してみるのはいかがでしょうか。

 

更新履歴